FC2ブログ

Article

        

3回①

2017/ 08/ 05
                 
ご主人様はいきにくいひとです。
口マンコでご奉仕を毎回してますが、
いけたことはありません。
今まで行けたことも数えられくらいみたいでした。

体の相性がいいからかな?
何度かいってもらってます。
でも、毎回じゃない。
ご主人様に私はなんどもいかされますが、
ご主人様はいかずに終わることが多いです。

【これが普通だから】

と、言ってくれますが、
大好きなご主人様。
気持ちよくなってほしい。。


ただ、ここ最近はいってもらえることが続いてます。
この前、急遽帰省されたご主人様。
帰ってきて抱いていただいた日は、
いってもらうことが出来ました。

【気持ちいいです】
【もっとしてください】

【どこが?】

【変態マンコです】

【ちゃんと言え】

【変態まんこにおちんぽはいってきもちいいです】

余裕がある時は、
ちゃんと言えない限り、言い直させられます。

【やめないで】
【もっと変態まんこ犯してください】

ご主人様にして欲しいことおねだりするのですが、
だんだん反応がなくなります。

だんだん動きが激しくなって···
ほんと使ってもらう感覚になるくらい、
中がぐしゃぐしゃって言葉そのままくらい、
変態まんこをおかされます。

【精子飲みたいか?】

ご主人様がいきそうなときに言ってくれる言葉です。

【はい】

【ちゃんと言え】

【口マンコでご主人様の精子飲ませてください】

いきそうになる時、
ご主人様はいきそうになりながらも聞いてきます。
ちゃんとおねだりできないと出してもらえません。


【舌出して口開けろ】

ちゃんと言えると、
ご主人様のおちんぽが抜かれて、
口マンコの前におちんぽ出していただき、
変態口マンコの中に精子を出していただきます。


久しぶりの精子はピリピリしてました、
出していただいたものをご主人様にお見せして許可をいただいてから、
飲ませてもらいます。

その後はおちんぽを口マンコでお掃除して、
ご主人様がニコニコし始めたら、
ご主人様の胸の中にゴロン♡♡


いっていただけると奴隷は心から嬉しいです(´ ˘ `∗)



スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント