FC2ブログ

Article

        

報告 2-22④

2017/ 02/ 24
                 
四つん這いにされて、
ご主人様にお尻を突き出します。
ご主人様に後ろからたくさん変態おまんこを犯されます。
【もっとケツを高くあげなさい】
あまりに強く後ろから打ち付けられるので、
体が低くなるのですが
ご主人様はお尻を高くつきあげるように言います。

ご主人様に変態おまんこを犯されて、
自分でクリトリスにローターをあてます。
何かこみ上げるものがあって、
体が飲み込まれるような感覚を何度も感じながら、
さっきも何度もイカされたのに感覚が鈍ることなく何度もイカされます。
【もっと変態おまんこの奥突いてください】
【もっともっとおちんぽ、変態おまんこにはめてください】
気持ちいいのをやめてほしくなくて、
おねだりし続けます。
ご主人様はおねだりに答え続けてくれます。
だからたくさんおねだりします。


しばらくするとご主人様は
おちんぽを変態おまんこから抜き、
私の体を仰向けになるように倒します。
休むことなくまた前から攻められます。
変態おまんこはヌルヌルなので、
すぐにおちんぽをはめられる状態です。
足を真上にあげられて、
ご主人様の肩に足をより掛け、
子宮に届きそうな位置をずっと犯してもらいます。
わたしが気持ちよくなると、
おまんこの中も動いてご主人様も気持ちよくなるらしいです。
私の変態おまんこを使って気持ちよくなってくれるなんて嬉しいです。
ご主人様のおちんぽで気持ちよくなってると
ご主人様から
【舌出して】
と。
舌を出して待ちます。
【ご主人様の精子、口マンコに出してください。】
ご主人様は2回目の射精を私の口マンコにしてくれました。

動画を撮影していたスマホに向かって、
お口の中を見せて顔についた精子も手ですくって舐めます。

この日のご主人様の精子は少し苦かったです。
でもまずくなんてなかったです。
ちゃんと残さずゴックンしました。
ご主人様のザーメンご馳走様でした♡

過去数10年、十回もいかなかったご主人様が、
この日は1時間で2度もいってくれました。
回数というより、
それだけ感じてくれてる、
満足してくれてる、
私で気持ちよくなってくれてることが嬉しいです。


ご主人様、
私はご主人様の変態メス奴隷です。
もっともっとご主人様のおもちゃとして、
私のことたくさん使ってください。
たくさん遊んで、たくさん楽しんでください。
愛してます♡


スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント