FC2ブログ

Article

        

報告 2-24

2017/ 02/ 26
                 
ご主人様と今日も会えました♡
ご主人様が作ってくれたご飯を食べて、
ご主人様とお話。

シャワーの後、ご主人様に以前買ってもらった下着を身につけます。

目隠しされたまま私のオナニー姿をご主人様に見ていただきます。。
ご主人様に会うと変態おまんこはどんどん濡れていきます。

ご主人様が見たいって言ってるので、
ご主人様が喜ぶようにいやらしくオナニーして、
気持ち良くなってご主人様に見てもらわないといけないのですが、
自分でしても気持ち良くないのです。
目の前にご主人様がいるから、
ご主人様にしてほしい。
私よりご主人様のほうが私の体知ってるから、
ご主人様に苛めてほしい。
そんなこと考えていると、
どんどん気持ちよさは離れていきます。

ご主人様が見かねてバイブを渡してくれました。
【自分で濡らして変態おまんこに入れなさい】
バイブを自分の口で濡らして変態おまんこに入れます。
自分で動かしますが気持ちよくない.....
ローターをクリトリスにあてて、
バイブを中に入れてるのに気持ち良くない....

【ちゃんと動かせ】
ご主人様はそういって
バイブで激しく突いてきます。
手を離されると同じように動かすのですが、
強さもそんなに強く動かせません。
【もっとだ】
うまく出来なくて怒られます。

目隠しで前が見えない。
ご主人様の様子はわかりません。
口まんこに入ってる、
ご主人様のおちんぽが大きくならなくて。
興奮してない.....
(ご主人様は怒ってる.....まずい.....)
焦れば焦るほど気持ちよさが離れていきます。

【ご主人様....ご主人様にしてほしいです。】

ご主人様の命令に応えることが出来ませんでした。
変態メス奴隷としてまだまだです。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

                         
                                  

コメント